通背拳とは?

通背拳・猿形勢
猿形勢



 

少祁派 五行通背拳

  しょうきは ごぎょう つうはいけん


概要

 私達が行っている通背拳(つうはいけん)の正式門派名は、「少祁派五行通背拳」と言います。また別名を通臂拳とも言い中国東北地方(河北省、遼寧省など)を中心に伝えられてきた実戦的な武術でその昔 「影無く 形無く 剛柔無し 通背は神拳なり」 と詠われていて”神拳”とも称されていました。

 そして、伝統散手技術の結晶とも言われています。

 

通背拳は猿猴の動作から考案され迅速果敢な攻撃が最大の武器で、腕を鞭のようにし長く柔らかく遠くまで放ち、目にも止まらぬ速い打撃を特徴としています。

 

この通背拳を伝承した祁信(清朝末期 浙江省)は子息の祁太昌に伝えました。祁太昌は家伝の「五行の理」をもって創意工夫を加え通背拳をより発展させました。

これにより祁信の伝えたものを「老祁派」と呼び、祁太昌の伝えたものを「少祁派」と区別して呼ばれるようになりました。

 

その後、中興の祖である 「燕北大侠」こと修剣痴大師の手により更に大幅な改革を受け 「勢」 「法」 「理」 の三部の拳譜にまとめ上げられ 五行通背拳が創新されて脈々と伝えられ今に至っています。

 

迅速で多様な手技を特徴としていますが、腿法も多様であり、また接近戦における打撃や関節技や投げ技も含み各種の器械(武器類の事)もあり、気功的練功も存在する「総合武術」なのです。

 

当協会にて行われている周老師伝のこの通背拳は、このような流れを汲んだ内功武術・内家拳であり、縁あってこの日本の地に移され伝承された武道です。



修練体系

 通背拳は、「単操」 と呼ばれる一つの動作を徹底的に練る事で技を完成に導くという体系を取っています。この単操を練るからこそ深まるという武術であります。

 

先ずはじめは、武術を行うための身体作り、「基礎功一」を、じっくりと時間を掛けて修練していきます。

そのて数種の動きを組み合わせた「基礎功二」を行いこれにより立ち方を始め土台を作っていきます。

 

足は人の根と言われます。足腰を鍛えれば、自然に肩の力みは無くなり、健康になる事は昔から実証されています。足腰を伸ばしたり緩めたり圧力を掛けたりして鍛錬します。

 

体幹部を柔らかく立体的に動かし(内臓の活性化にも繋がります)、手足の繋がりを感じて感覚を自分自身へ向けて、「基本功法」へ進みます。

 

基本功には六つの分類があり是を、「六路站樁」又は「六路站状」 別名「六杭功」と言います。樁とは功の事を言い、状は形の事を言い表し当協会では、樁を使用しています。

 

これらの六路站樁と並行して、十二掌十三勢劈山掌三十六腿法などを行い、その後に目的別反復套路(型)である「六路行樁」「套路」に進み、そして二人一組で各種の対錬、対操、揉手、散手、散打を行います。

また、基本功が終わった段階で刀・剣・棍・槍などの各種の器械類を併修していきます。

 

「通背拳は架のものでは無く、手のものが本分である」 と言われます。 架は演舞の事であり、手は実戦の事であります。よって一修会は手を実践する為に散手に重きを置いて稽古しています。

 

ですが、ただ単に殴り合ったり蹴り合ったりは、当たり前ですが行っておりません。

「あなたが居るから私が居る、よって自分を写し自分の武術を表現出来る。」 という相手に感謝の気持ちを持って、”手”である組手を皆で研究しています。 


下の写真は、「三環炮」という二人で行う対錬で、これはその基本形です。これをベースとして様々な変化形に発展していきます。 


主要修練項目概要

★基礎功一、二

手形手法・腿形腿法・歩形歩法・身形身法・六勢・その他各種の練功法

 

★六路站樁(站状法、站樁功、基本功法)

 1.乾坤樁

前輪劈・後輪劈・風輪勢・紡車勢・悠帯・開手・合手・開合手・揺身披卦・揺背法・迅雷掌・劈摟擂挑掌・大鵬展翼

 

2.周天樁 

 獅子滾球・白蛇狂舞・白蛇弄風・揺山晃海・摸魚勢・迎峰化掌・飛虎欄路・野馬抖肩・吼獅発威

 

3.混元樁

伸肩法・活腕法・揉球運腕法

 

4.五行樁

 摔掌・拍掌・穿掌・劈掌・鑚掌

 

5.子午樁

 獅子抖冷・冷急帯連・揺身膀攲鑚心炮・鷂子翻胸鑚心炮

 

6.中和樁

 立鶴舒頂・総合樁(双進掌)

  

★六路行樁(行状法、目的別反復套路)

 1.大鵬展翼  2.十二連珠炮  3.猿猴出洞  4.猿猴入洞  5.一字連撃炮  6.奇形花撃炮

  

★套路

 1.小連環  2.大連環  3.通背拳  4.猿鵬奇勢  5.通背奇形掌  6.五十四手(前後あり)  7.通背三十六手(秘伝)  等々。

 

★器械

1.通背刀  2.通背剣  3.通背棍  4.通背槍  5.八卦判官筆  等々。

 

☆その他にまだ沢山の練功法があり、軟身法・壮身法・健身法・強身法、などの分類により身体を練っていきます。

 


少祁派 五行通背拳の系統

 通背拳には多くの派があり沢山の先達伝承者が居り、多くの名人達人を輩出しておりますが、此処で全てを記載する事は不可能なので、国際五行通背拳協会関東本部一修会においての伝承のみを記載します。 何卒ご了承の程を願います。

 

《初代》祁信→《二代》祁太昌→《三代》許天和→《四代》修剣痴→《五代》劉伯央→《六代》周玉鑫→《七代》村松希実彦(日本)→。 


通背拳・基本姿勢


見学OK! 無料体験やってます!

お気軽に連絡してください、お待ちしております。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です