村松 希実彦

《快手夫》

国際五行通背拳協会 副会長

通背拳一修会 代表

少祁派五行通背拳第七代伝人

 

1961年4月3日 日本国神奈川県相模原市宮下にて生れる

2005年 通背拳を研究する武術団体として一修会を立ち上げ代表となる

2008年 国際五行通背拳協会を設立し副会長に就任する 


初めまして

 一修会代表の村松(ムラマツ)です。

 

私は縁あって周師父に師事し 少祁派五行通背拳を伝承させていただきました。

そして周師父の下に集いし仲間たちと協力し「国際五行通背拳協会」を設立し、この素晴らしい武術・文化・哲学をこの日本に伝えるべく活動をしています。

 

よって我々一修会は、少祁派五行通背拳を伝承する会として誇りと覚悟を持ち、共に学ぶという姿勢で精進し汗を流しています。 それは、人と人の繋がりや人と人の思いの中で武術は生きたものとなり伝承されてゆくものだと思っているからです。

 

現代において武道・武術を行うきっかけは人それぞれでしょうが、目的意識をもって修練・稽古することでこの通背拳は自分の人生にプラスになるものと信じています。

そして日本のいち武道となり根付いていく事を願っています。

   

「龍」 周玉鑫 作
「龍」 周玉鑫 作

私達と一緒に修練・稽古をし、自分自身の中に財産を築きましょう!

 

まだ見ぬ仲間に出会える事を、心より楽しみにしております。

 

 

    多謝! 再見!